ヒィたぎのメモ

適当にやります

【INC最高1781】Let's go イベデマル (サンシリーズGS)

 

久しぶりに?結構ポケモンに取り組めたのでその記録

WCS2019のルールが発表されてWCSレートで使用していた2つ目の構築
International Challenge Novemberでもメイン・サブともに同じ構築を使用

 

予選抜けできなかったので、後の個別紹介はメモ程度

最後の構築作成経緯だけは、自分が忘れないように少し細かく。

 

使用構築 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231445p:plain

結果 INC最高1781 最終176x

WCSレート 最高1874

 

ダダリン選手権ならおそらく優勝

 

<個別紹介メモ>

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231607p:plain

ひかえめ CS 余りB

普通のスカーフカイオーガ、ミラーの臆病よりも火力を求めた

(臆病個体がいないだけ)

熱湯はワイガで止まらないようにするため

冷凍ビームは途中から現れたジガルデ構築への解答として採用

 

3世代初登場のころから好きなポケモン

何か画像切れてる(キレてるの?(フリ)←今の人は知らなさそう)

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231734p:plain

ようき AS 余りH

マスコット枠 大怪獣バトルに一時の癒し

避雷針によって相手の電気タイプに自由な技選択をさせない

ほっぺすりすりで追い風ミラーやゼルネアスのSを戻す(何で四分の一にならなくなったのか)

びりびりちくちくはエレキフィールド下で無振りカイオーガが倒れる

アイアンヘッドカプ・テテフやゼルネアス、避雷針ミラーへの打点

 

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231745p:plain

 

いじっぱり H44 A228 B4 D36 S196

A11n

S準速90族抜き抜き

HD方面は、C200カプ・テテフムーンフォース耐えにしたら無駄のある配分だった

 

命の珠で耐久が削れるのは嫌だったので、それなら黒いメガネ持たせて陽気珠イベルと同等の火力にしようと思った

実際はゼルネアスに同速を仕掛けられない、カプ・テテフのスカーフがわからないなど失敗だった?(陽気イベルタルいないからそちらの使用感がわからない)

 

首元がこれから寒くなる季節暖かそう

 

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231533p:plain

おくびょう CS252 余りH

のんきのおこう:スカーフもチョッキもタスキも無かったため苦肉の策。テテフのサイキネやガエンのフレドラを避けたので臆病な性格にふさわしい。ドッジボールなら嫌われる。

 

ほぼ雨が降っているので10万ボルトではなく雷

マジカルシャイン:倒しきれなかった相手の隣のポケモンや、雨が降ってない時の貴重な打点(雀の涙程度)

フリーフォール:いかりのこなによる妨害を防ぐために採用。ルナアーラは持ちあがる

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231555p:plain

ゆうかん H252 A68 B116 D68 (S0個体)

A:余り

HB:A特化ガオガエン叩き落とす耐え

     晴れA222グラードン炎のパンチ耐え

HD:眼鏡以外のC189シャドーレイ耐え

      C222+C156の冷凍ビーム耐え

 

ジャイロボールはジオコン積んだゼルネアスなら倒せる。コケコと並んでいるとこの指+ジオコンしてくるゼルネを葬ることができる。猫だましも効かないし胞子も効かない

 

3.9mあるとかデカすぎるし、堕+舵輪(+祟り)らしい。本体は緑の藻屑とのことなのだが、図鑑ではモズクの魂が生まれ変わったとある。(もくず?もずく?はっきりしろ)

ちなみにモズク食べたことないです。

 

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231756p:plain

いじっぱり H12 A220 B4 D20 S252

HD:C222カイオーガの冷凍ビーム耐え

 

アマージョは72族、上手いこと準速70族抜き抜きになるのでカプ・レヒレとかルンパッパとか程よい頻度で抜ける。

フェイントや手助けは今や考慮しない人はいないが便利な技

命中不安の塊なので、なるべく攻撃技は打ちたくない。

特にとびひざげりを外すと一気に不利になる。

 

サワムラー亜種

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------

ここからは構築作成過程で自分の考えを日記感覚で

 

<構築作成過程>

まず、サンシリーズのルールが発表されてから、カイオーガは何が何でも絶対に使うと決めてました。そして、サンシリーズで最初に使用した構築がホウオウルンパオーガでした(キヌガワさんの動画参照)。これは、トップメタであろうカイオーガとゼルネアスに対して、ルンパッパはカイオーガに強く、ホウオウがゼルネアスに強いことから4世代のGSを参考にして作成したものです。しかし、使用してみるとネクロオーガ等のトリックルーム構築に弱い等様々な問題が見つかったため、ネクロズマに強力な一撃が与えられ、耐えられても不意打ちで縛れるイベルタルに注目することになりました。

 

 

注目したは良いものの、イベルタルを入れた途端に電気タイプやゼルネアスが厳しくなる事実に直面したので避雷針のポケモンを確認したところ...

f:id:sixteenthnight_mihhi:20181202231734p:plainf:id:sixteenthnight_mihhi:20181202233555p:plainf:id:sixteenthnight_mihhi:20181202233542p:plain

猫だましが使えるこのマスコットたちにたどり着きました。

そして、この三匹からどのポケモンを選ぼうか悩む(ストーリーの御三家選びみたい)...と思いきや、トゲデマルはS96(カプ・テテフより1速い)ということと、はがねタイプ(フェアリーへの打点)ということからするっと相棒が決まりました。

 

この段階で「カイオーガイベルタルトゲデマル」が入りました。

後は簡単な説明。

アマージョ:上手いことスカーフカイオーガ+アマージョという並びが完成したら非常に強力なため入れない理由はないと判断。

カプ・コケコ:構築に眠り耐性を付けることが第一、相手のカイオーガがスカーフでなければ上からしばけること、サイコフィールドを塗り替えてイベルタルの不意打ちを通す目的から採用。

ダダリン:猫だましが効かず、特性によりジャイロボールを実質タイプ一致の要領で使える。トリックルーム下ではガオガエンに打点が持てる、鉄球持ちS90族より早く動けることから採用。ナットレイとは違って炎2倍(なお悪耐性)