ヒィたぎのメモ

適当にやります

個人的なコミケの楽しみ方

ポケモン以外にも...

暇なので個人的にコミケのこの場面を楽しんでいるということをつらつら書いていきます。

 

夏コミ(C90)1日目の様子

f:id:sixteenthnight_mihhi:20170714031423j:plain

 

1.コミケへ向かっている時

当たり前ですが、向かっている道中はめちゃくちゃテンションあがっています。陰キャなので周りの雰囲気では感じ取れないですが、そこはオタクですから最高潮です。

 

2.入場前の待機列

夜行バスや始発で会場に着くと5時間近く外で待つことになります。

夏であればまだ暗いor夜明け、冬であれば真っ暗です。

そんな中大勢の人が待っているのでそこも楽しんでいます。自分の感情をどう言い表していいかわかりませんが、キャンプみたいです(コミケとは...)。

待機列では、誰かが一緒なら少し話しますがネタも尽きるとぼーっとしてるかポケモンしてます。テザリングだとスマホの充電がモバイルバッテリー含めすぐなくなるので、オフラインでも楽しめるゲームをコミケに持っていきたい...

 

3.入場した時の会場内の雰囲気

ビッグサイトへはコミケの時しか足を運ばないので広いホールへ入ると一気に高い天井で視界が広がって「始まった!」と心の中で思う瞬間です。自分はシャッター前へ並ぶため一目散に外へ出るのですが、ホールへ入った時の高揚感は何度参加しても味わえます。

 

4.サークルさんの列待機

頒布数には限りがあるため、買えるかどうか緊張して待っています。自分の向かう初手は大体買えますが、狙うサークルによっては初手で並んでも目当てのグッズ等が完売になってしまうケースもあるようです。初めて参加した時は、3列できていて牛歩列に並んでしまい後ろに並んでいた人が買えて自分は前2人で完売になってしまってその後も計画が狂ってしまったので失敗も経験しておいた方がいいと思います。今後参加した時の判断材料になるので。

 

5.購入の瞬間

無事に買えた時の嬉しさは何度参加してもこみあげてきます。忙しそうであれば時間をおいて差し入れなどをすると喜ばれることがあるので余裕があるときは持っていきます。

 

6.全て終えた後の休憩

買い物を終えると会場のどこかで休憩をします。5時間も待ったかいがあったと一息つきながら大勢の人が右往左往している様子を眺めていることも楽しみの一つです。「みんな終わったのかなぁ。どこ狙いだったのかなぁ。」と思いながら他人の紙袋を見て次回そのサークルさん行ってみようかなと思ったりもしています。

 

かなり適当に書きましたがこのような場面で楽しみを感じています。

コミケでは知り合いがサークル参加してるので挨拶に行くこともあって近況報告とかすることもあります。

帰りに楽しみはないのかと思われそうですが、6で休憩をしてから帰る体力は自分にはありません(会場内で追加で買える体力はあります)。ホテルで休みたいです(コミケ後秋葉行く人すげぇよ...)。国際展示場駅の混雑ははっきり言ってキレそうです。「あくしろよ。」と思いながら帰っています。強いて言えば鉄道が少し好きなので、発車メロディや車内アナウンスを聞くことが楽しみです。

 

現在はグッズ集めが趣味になり、タペストリーが飾りきれないほどありますが参加した際には懲りずに買います。同じものが販売されることは無いに等しいので迷ったら買おう!

 

 

最後に.....徹夜はやめような?